こちら下田CATV
サービス案内
 
>>有線テレビ放送事業
>>業務地区
>>料金
>>取り扱い金融機関
>>お問い合わせ
 
トップページへ      
自主放送番組表 番組はいらいと チャンネルガイド サービス案内
     

有線テレビ放送事業

BSデジタル放送は受信した衛星デジタル局の放送内容を変えずに、CATV帯域に伝送方式を変えて伝送しています。地上デジタル放送は、受信した全ての地上デジタル局の放送周波数を CATV帯域に周波数変換し伝送しています。 このため受信するにはCATVパススルー対応の地上デジタルテレビが必要です。

 

業務地区

静岡県下田市1丁目・2丁目・3丁目・4丁目・5丁目・6丁目・旧岡方村・敷根・西本郷・中・武ヶ浜・外ヶ岡・白浜・柿崎・須崎・吉佐美・蓮台寺・立野・河内・東中・西中・東本郷・大沢・大賀茂

 

料金

平成26年4月1日改定
  加入金方式 受信料方式
加入金 (新規契約時に払い込み) 32,400円 0円
2台目手続料 (新規または契約変更時に払い込み) 3,240円 3,240円
   
利用料 (基本契約維持料)    
1台目の月額 1,830円 2,045円
2台目同世帯(1台あたりの月額) 860円 805円
2台目別世帯(1台あたりの月額) 1,830円 2,045円
     
BSパック(STB1台を含む月額) 865円 865円
BSパック2台目(STB1台を含む月額) 865円 865円
 
引込工事負担金(新規契約時に払い込み) 21,600円 21,600円
復活工事負担金 3,240円 3,240円
STB取付工事(STB1台あたり) 8,850円 8,850円
キャスカード 1枚 2,150円 2,150円
※宅内の配線や地上デジタルテレビの初期設定、追加サーチは市内電気店が扱います。
 

休電

途中テレビを視ない場合は事前にお届けになると11ヶ月に限り、契約を休むことができます。
11ヶ月を過ぎた場合は基本契約維持費の一か月分を休電継続料として課金します。
この措置の限度は15年間です。15年を過ぎて利用しない場合は契約を留保します。
15年を過ぎて利用する場合は事前に弊社と協議してください。

 

復活

予定期日をお届けになると事前にテレビを視れる状態にしておきます。休電期間中の利用料金の清算とあわせて、復活工事費用をご請求いたします。

 

その他

移転のお届け、加入契約の名義の変更、本契約の解約、契約内容の変更など。

 

料金の割引制度

弊社独自の割引制度があります。
ご請求月にお支払いいただいた場合は利用料が割引されます。

割引後の料金 平成26年4月1日改定
加入金方式 割引後の利用料
先月分請求
当月納付の場合
当月分請求 当月納付
集金 口座振替
1台目 1,750円 1,750円 1,700円
同世帯2台目 805円 805円 755円
別世帯2台目 1,750円 1,750円 1,700円
 
受信料方式 先月分請求
当月納付の場合
当月分請求 当月納付
集金 口座振替
1台目 1,995円 1,995円 1,995円
同世帯2台目 805円 805円 805円
別世帯2台目 1,995円 1,995円 1,995円


加入金、受信料の両方式とBSパックの前納割引
6ヶ月前納 5% 引き
12ヶ月前納 10% 引き
基本契約利用料のほか別途BSパック契約した場合は、利用料金は合算してご請求いたします。 アパートにお住まいの方はBSパックのみの契約ができます。
この他にも、BSパックの納付に関する割引や、解約時の返戻金の制度があります。
詳細についてはお問い合わせください。
>>お問い合わせはこちら
 

その他の料金

移転手続料1,080円  名義変更手続料1,080円  証書再発行料1,080円

 

宅内の配線

地上デジタル放送の受信やCATVデジタル放送の受信など、家屋の配線および地上デジタルテレビの初期設定、追加サーチ設定、ビデオ・オーディオ機器の設置・接続は電気店にて取り扱います。信号補償のブースタは70MHzから770MHzまでを増幅するCATVデジタル対応の製品をご利用ください。また機器の配線は4C以上の同軸ケーブルをお勧めします。
部屋のテレビ壁面端子から受像機につなぐケーブルはサービス品がございますので、加入時・契約変更時にお申し出ください。

 

地上デジタルテレビお買い上げ時のご注意

弊社の地上デジタル放送は、受信した放送信号を全て周波数変換していますので、受像するにはCATVパススルー表示された受像機またはチューナを確認のうえ購入してください。
市内電気店は懇切丁寧に受信相談、デジタル配線診断に応じます。指定電気店のサービスを利用してください。

 

取り扱い金融機関

静岡銀行・スルガ銀行・静岡中央銀行・三島信用金庫・労働金庫・ 伊豆太陽農協・全漁連・ゆうちょ銀行

 

自主放送

 昭和41年9月1日に日本で3番目の自主放送を始めた当社の前身、下田テレビ協会は、街の人々の生活や社会の動きを映像で伝え、人々のコミュニケーションに大きな役割を果たしてきました。昭和45年には任意組合から株式会社に組織を代え、翌年4月から株式会社として運営、現在にいたっています。

>>自主放送番組表はこちら
 

同時再放送

 昭和30年代初めに武山山頂にアンテナを建て、共同視聴施設として東京方面のテレビを視聴、その後局数が増え、「共聴」はしだいに規模を大きくし、ケーブルテレビへと発展しました。現在の東京方面のアンテナは柿崎にあります。アンテナで受信した地上デジタル放送波は光信号に変換して、地下ケーブルで本社に伝送されます。
一方、静岡方面の地上デジタル放送波は柿崎本小沢の公園内に設置されたアンテナで受信し、光信号に変換して、地下ケーブルで本社に伝送されます。
放送センターには通信衛星や放送衛星の受信アンテナが設置され、受信したデジタル信号をCATVの放送方式に変換します。このほか自主放送や伝送システムの管理に必要な信号を一緒に光信号に変換し、光ケーブルで契約者のすぐ近くまで伝送されます。一般契約者は電気信号に変換されてから家屋内に引き込まれます。

>>チャンネルガイドはこちら
 

お問い合わせ

お問い合わせはTEL、またはFAXにて承ります。

下田有線テレビ放送株式会社
TEL:0558-22-2443
FAX:0558-23-5335
 

▲ページの先頭へ

SHK 下田有線TV放送株式会社 認定個人情報保護団体 会社案内 安否情報