こちら下田CATV
番組はいらいと
 

今月の番組はいらいと

>>1月番組はいらいと
>>12月番組はいらいと
>>11月番組はいらいと
>>10月番組はいらいと
 
トップページへ   
自主放送番組表番組はいらいとチャンネルガイドサービス案内
   

1月の番組はいらいと

1(火)
新春対談 下田市長 福井祐輔

新年を迎え、福井祐輔下田市長の挨拶をいただきます。そして市長就任から2年半、さまざな事業のなかから下田市役所新庁舎建設について、中学校の再編のついて、来年度予算について、大型観光キャンペーン「DCキャンペーン」について、防災対策、人口減少、伊豆縦貫自動車道についてなどお聞きします。
   
2(水)
下田小学校校内音楽会

昨年11月1日に行われた下田小学校校内音楽会の模様をお伝えします。
   
3(木)
白浜小学校「たかねコンサート」

昨年11月6日行なわれた白浜小学校の校内音楽会「たかねコンサート」の模様をお伝えします。
   
4(金)
浜崎小学校校内音楽発表会

昨年11月8日に行われた浜崎小学校の校内音楽発表会の模様をお伝えします。
   
5(土)
賀茂地域広域連携会議

第19回賀茂地域広域連携会議が、昨年12月18日下田総合庁舎で開かれ土屋優行静岡県副知事や県職員、伊豆南部の1市5町の首長が参加して意見を述べ合いました。
賀茂地域1市5町(下田市、東伊豆町、河津町、南伊豆町、松崎町、西伊豆町)と静岡県が連携し、静岡県副知事、賀茂地域6市町長及び下田市・賀茂郡選出県議会議員等により、地域課題への取組を推進します。

連携会議では、幼児教育アドバイザーの共同設置を協議したほか、賀茂地域の高校についてのアンケート調査結果の報告などがありました。県が費用を負担している幼児教育アドバイザーは、各市町の12月定例会で関係議案が可決され、来年度から賀茂6市町が費用を分担し、従来通り1人を設置することが決まりました。
会議では幼児教育アドバイザーの活動状況を検証し、最適な幼児教育のため体制構築に向けて検討していくことを確認しました。
高校アンケート調査は、賀茂地区全ての生徒・保護者を対象に行われ、地域の高校への進学希望者は、生徒・保護者とも全体の約3分の2にとどまり「地元離れが懸念される」との報告がありました。出席者からは「高校魅力化が喫緊の課題」という意見がでました。
   
6(日)
須崎芸能祭 〜演芸会〜

昨年10月28日、須崎漁民会館で行われた須崎芸能祭「演芸会」の模様をお伝えします。
様々な文化・芸術活動を行う須崎地区の人々の発表の場として、毎年開かれているもので
区民100人あまりが訪れ、にぎやかに開催されました。
幼児から小学生、一般による歌や踊り、フラダンスなどで楽しい一日を過ごしました。
   
7(月)
NPO賀茂地区生涯大学葵学園公開講座「クラシック音楽の調べ」

昨年行われた、NPO賀茂地区生涯大学葵学園公開講座から弦楽合奏団アンサンブル・クライスによる「クラシック音楽の調べ」をお送りします。
アンサンブル・クライスは2002年に結成され、指揮者を置かない弦楽合奏団として若手からベテランの奏者により構成されています。バロックから現代まで幅広いレパートリーを持ち、横浜みなとみらいホールや東京文化会館等で毎年演奏会を開催しています。
公開講座ではグリーグ作曲「組曲 ホルベアの時代より」前奏曲。バッハ作曲「二つのヴァイオリンのための協奏曲」。ハーマン作曲「サイコ」。ドヴォルザーク作曲「弦楽セレナーデ」をお伝えします。
   
8(火)
第4回 賀茂圏域 シニアクラブ演芸大会(午前の部)

昨年11月16日下田市民文化会館大ホールで行われた、第4回賀茂圏域シニアクラブによる演芸大会・午前の部の模様をお伝えします。会員の皆さんによる自慢の歌や踊りが次々と披露されました。
   
9(水)
第4回 賀茂圏域 シニアクラブ演芸大会(午後の部)

昨年11月16日下田市民文化会館大ホールで行われた、第4回賀茂圏域シニアクラブによる演芸大会・午後の部の模様をお伝えします。会員の皆さんによる自慢の歌や踊りが次々と披露されました。
   
10(木)
下田保育所お楽しみ発表会

昨年12月8日行われた下田保育所お楽しみ発表会の模様をお伝えします。園児たちがクリスマスにむけて練習してきた成果を発表します。
   
11(金)
下田幼稚園お楽しみ会

昨年12月12日に行われた下田幼稚園お楽しみ会の様子をお伝えします。園児たちがクリスマスに向けて練習してきた成果を発表します。
   
12(土)
下田認定こども園お楽しみ発表会

昨年12月4日行われた下田認定こども園お楽しみ発表会の模様をお伝えします。園児たちがクリスマスにむけて練習してきた成果を発表します。可愛らしい姿をご覧ください。
   
13(日)
NPO賀茂地区生涯大学葵学園講座 「ライフワーク 小沢一仙」郷土史家

NPO賀茂地区生涯大学葵学園講座から、郷土史家の松本晴雄さんによる講演「ライフワーク 小沢一仙」をお送りします。
小沢一仙は松崎町の宮大工一家の長男にして、江戸時代に不名誉な最後を遂げたとされる幕末の志士です。
講演では、小沢一仙の生い立ちから、彫刻家・造船技師として多大な貢献を果たしてきた一方で、幕末期の公家・高松実村が率いた義勇軍に組し尊王攘夷を訴えるさなか、不名誉な最後を遂げたとされる説を述べ、文献から裏付けされた小沢一仙の生涯を紐解きました。
   
14(月)
県政の窓 森 竹治郎 静岡県議会議員

森 竹治郎 静岡県議会議員に南伊豆地域に関わる、県政についてお聞きします。
昨年12月の県議会から伊豆地区に関わる事業について、伊豆縦貫自動車道について、下田メディカルセンターについて、そして今年の県議会議員選挙出馬の意向についてなどを伺いました。
   
15(火)
下田メディカルセンター健康講座「薬との付き合い方」

下田メディカルセンターが2ケ月に1度(奇数月)開催している健康講座から、山村 智薬剤師による「薬との付き合い方」〜クスリのリスクから、ジェネリック医薬品の考え方まで〜と題しお伝えします。
   
16(水)
大賀茂小学校「稲作活動」 〜大賀茂フェスティバル〜

大賀茂小学校で行われている稲作活動は、5年生を中心に全校児童で取り組んでいます。
地域の人々やPTAの協力を得て、昨年4月から始まった播種作業、水路の清掃、代かきやあぜ作り、田植え、秋の稲刈り、脱穀、そして11月30日の大賀茂フェスティバルでの餅つきなど、1年を通して様々な体験をしました。大賀茂フェスティバルでは、地域の人々を招き、収穫したお米でにぎった「おにぎり」や「餅」でもてなしました。子供たちの活動や成長の様子をご覧ください。
 
   
17(木)
下田小学校マラソン大会 

昨年11月20日敷根公園健康広場で行われた下田小学校マラソン大会の模様をお伝えします。
   
18(金)
浜崎小学校持久走大会

昨年11月20日須崎地区の海岸通りで行われた浜崎小学校持久走大会の模様をお伝えします。
   
19(土)
下田市中央公民館講座「林業遺産・岩樟園クスノキ林見学会」

昨年12月15日行われた下田市中央公民館講座から、南伊豆町にある東京大学樹芸研究所青野研究林で開催された「林業遺産・岩樟園クスノキ林見学会」の様子をお伝えします。
2013年に「林業遺産」に認定された、樹齢100年のクスノキ林を歩きながら、岩樟園クスノキ林の歴史や自然と人との関わりについて考えようというものです。
公開講座ではクスノキの葉や枝から樟脳の抽出実験や、クスノキの葉を使った染色体験を行いました。
 クスノキは高さ20メートルにも達する常緑高木です。長さ6〜10センチの卵形の葉をし、葉を裂くと樟脳(しょうのう)の香りがします。樹木は成長がよく長命で、公害に強いため各地で栽培されています。材と葉に含まれる樟脳は防虫剤や薬用などに使われてきました。材自体に防虫効果があり、古くから和風建築や船舶などの内装材、また仏壇、楽器、玩具(がんぐ)、家具など様々なものに利用されています。
   
20(日)
愛してくれるなら… シャンソン歌手 石橋美和リサイタル

昨年11月23日下田市民文化会館小ホールで行われたシャンソン歌手石橋美和さんのリサイタルをお伝えします。
   
21(月)
稲生沢小学校「どんぐりコンサート」

昨年11月14日稲生沢小学校体育館で行われた「どんぐりコンサート」の模様をお伝えします。
   
22(火)
サーフィンにかける情熱 井出牧雄さん・山田麻由美さん

2020年の東京オリンピックの正式種目に追加された「サーフィン」。番組では2018年アマチュアランキングで上位に入った白浜の井出牧雄さん(45)と、吉佐美の山田麻由美さん(35)をご紹介します。
   
23(水)
下田合気会30周年記念式典

下田合気会30周年記念式典の模様を小林テレビ設備(KTV)提供の映像でお伝えします。
下田合気会の「創立30周年記念式典」が昨年下田高校武道場で開かれました。
下田合気会は、平成元年に田中治俊師範が創設しこれまでに150人が入門し、数多くの有段者を輩出しています。記念式典では、関係者40人が出席して30周年を祝いました。
合気道は柔術や空手と違って”優越”を決めず、心身を鍛え、自己を磨く武道です。力を使わずに行う技が多いので、子供や女性でもできる武道が合気道です。
式典終了後には、合気道講習会も行われました。
   
24(木)
日ロ交流を考える 〜ディアナ号から未来へ〜  第1部 講演「プチャーチンと下田」下田開国博物館館長 尾形征己氏

下田市・富士市・沼津市の3市が共催する「日ロ友好交流講演会・日ロ交流を考える 〜ディアナ号から未来へ〜」が昨年11月24日開かれました。これは総務省のロシアとの自治体間交流促進事業の委託を受けて、ロシアとの関係が深い3市が共済で幕末開港時のディアナ号の史実に基づく日ロ友好交流の促進を図ろうというものです。
第1部で行われた、下田開国博物館館長の尾形征己さんによる講演「プチャーチンと下田」をお送りします。
   
25(金)
日ロ交流を考える 〜ディアナ号から未来へ〜 第2部 講演「日ロ交流の歴史と今後の日ロ関係」新潟県立大学教授 袴田茂樹 氏

下田市・富士市・沼津市の3市が共催する「日ロ友好交流講演会・日ロ交流を考える 〜ディアナ号から未来へ〜」が昨年11月24日開かれました。これは総務省のロシアとの自治体間交流促進事業の委託を受けて、ロシアとの関係が深い3市が共催で幕末開港時のディアナ号の史実に基づく日ロ友好交流の促進を図ろうというものです。
第2部「日ロ交流の歴史と今後の日ロ関係」と題し、新潟県立大学教授の袴田茂樹さんによる講演をお伝えします。

   
26(土)
上原美術館展覧会 仏教館「下田の古刹ー太梅寺の寺宝」

上原美術館で昨年12月15日から始まった展覧会をご紹介します。
仏教館「下田の古刹ー太梅寺の寺宝」をお送りします。市内横川の太梅寺に遺る下田の歴史を知る上でも貴重な資料などをご紹介します。
展覧会では古文書のほか、南北朝時代に造られた地蔵菩薩坐像や幕末に描かれた涅槃図などから、下田の歴史の一端を解き明かしてゆきます。
   
27(日)
伊豆半島ジオパーク探検 Vol.64 南伊豆で地球を感じよう「入間千畳敷」

南伊豆町入間(いるま)の港から遊歩道を歩いて40分あまり、足元に気を付けながら迫力ある自然を楽しみ、ゆっくりと進んでゆくと、伊豆の秘境・千畳敷に到着します。
そこでは海底に降り積もった火山灰や軽石からなる美しい地層をみることができます。
また、千畳敷の目の前にそびえる三ツ石岬の断崖には、地下から噴出したマグマが、白い火山灰の地層を突き破って上昇していったとみられる「岩脈」の跡が、くっきりと見られます。また千畳敷では、むかし伊豆石の採石が盛んにおこなわれた跡も残っています。

   
28(月)
身近な防災講座(3)「避難行動等について」〜正しく知り、正しく恐れ、正しく備える〜

身近な防災講座の3回目は「避難行動等について」をお送りします。
災害が発生もしくは想定される場合に、どのような行動を取れば良いかについて考えます。災害に伴う避難と一口に言っても、地震と水害、曜日や時間帯、自分のいる場所や状況によっても、その対応は変わります。いざというとき、どんな対応をとるべきか日頃考えておくことも大切だと思います。 
番組では「避難とは」「避難行動とは」「避難行動の原則」「避難情報の種類」など、下田市防災安全課の進士高広さんに解説していただきます。




お話は下田市防災安全課の進士さんです。
   
29(火)
上原美術館展覧会 近代館「春をおもうー東洋と西洋、それぞれの春」

上原美術館で昨年12月15日から今年3月31日まで開催される展覧会をご紹介します。
近代館では「春をおもうー東洋と西洋、それぞれの春」と題し、上原コレクションより、
横山大観、小林古径ら日本画家を中心に、印象派の画家たちや、岡鹿之助らが描いた春の息吹を感じさせる作品を紹介します。東洋と西洋の絵画に隠された春の予感を楽しむことが出来ます。
   
30(水)
下田商工会議所だより「年頭所感」 田中 豊 会頭

今月の下田商工会議所だよりは「年頭所感」と題し、田中 豊 会頭に今年の下田の経済見通し、また下田商工会議所の事業内容について伺って行きます。
   
31(木)
Dr.花房のテレビ健康教室 vol.80 「日本の医学の歴史」

シリーズでお伝えしている「Dr.花房のテレビ健康教室」。新年を迎え、今回80回目を迎えました。今日は「日本の医学の歴史」についてのぞみ記念下田循環器・腎臓クリニック院長の花房雄治先生に解説していただきます。

▲ページの先頭へ

SHK 下田有線TV放送株式会社 認定個人情報保護団体 会社案内 安否情報