こちら下田CATV
番組はいらいと
 

今月の番組はいらいと

>>5月番組はいらいと
>>4月番組はいらいと
>>3月番組はいらいと
>>2月番組はいらいと
 
トップページへ   
自主放送番組表番組はいらいとチャンネルガイドサービス案内
   

5月の番組はいらいと

1(火)
平成30年度 下田認定こども園入園式 4月3日

4月3日行われた 平成30年度下田認定こども園入園式の模様を小林テレビ設備(KTV)提供の映像でお伝えします。
   
2(水)
NPO賀茂地区生涯大学葵学園講座「笑顔を咲かせるヒント」つくり笑顔アドバイザー もちづきみゆきさん

NPO賀茂地区生涯大学葵学園講座から「笑顔を咲かせるヒント」と題し、つくり笑顔アドバイザーのもちづきみゆきさんによる講演をお伝えします。日常生活でいつもニコニコ笑顔の方ってとっても素敵ですね!笑いは免疫力を高め、病気予防や脳の活性化にも繋がると言われています。笑いの効果を知って、笑顔を伝染させましょう!どうぞ笑顔で生活してください。
   
3(木)
平成30年度 下田高等学校南伊豆分校入学式 4月9日

4月9日行われた 平成30年度下田高等学校南伊豆分校の入学式の模様を小林テレビ設備(KTV)提供の映像でお伝えします。
   
4(金)
平成30年度 稲取高等学校入学式 4月6日

4月6日行われた 平成30年度稲取高等学校入学式の模様を東伊豆有線テレビ放送の提供でお届けします。
   
5(土)
NPO賀茂地区生涯大学葵学園講座 「フラメンコと生活」 上遠野 忍さん

NPO賀茂地区生涯大学葵学園講座から「フラメンコと生活」と題しフラメンコギタリストの上遠野 忍さんによる講演をお伝えします。
   
6(日)
電脳防災コンソーシアム「伊豆東海岸 車座ミーティング」 〜伊豆東海岸のこれからの観光・防災・地域メディア〜

最先端の情報通信と人工知能技術で伊豆の防災や観光について考える、電脳防災コンソーシアム「伊豆東海岸 車座ミーティング」が、3月9日下田市民文化会館小ホールで開かれました。電脳防災コンソーシアムは昨年10月、慶応大学環境情報学部山口研究室や、国立研究開発法人情報通信研究機構・防災科学技術研究所、LINE、ヤフーが代表世話人となって身近なインターネットやメディア、人工知能を積極的に活用した防災減災を目指そうと設立したものです。今回は会議のメンバーの一人となっている下田有線テレビの地元で、地方の現状を聞こうと、下田市や伊豆東海岸のケーブルテレビとの共催で開かれました。慶応大学の山口真吾准教授が司会を務め、下田の防災観光の現状について自治体や防災関係者に質問。また人工知能の研究者、情報通信研究機構の鳥澤健太郎さんが、大量の災害情報を正しく選択する人工知能・ディサーナを紹介しました。またLINEの江口清貴さ
んは、災害時にSNSを情報収集のツールとして上手く活用する方法などを提案しました。
電脳防災コンソーシアムは、これまでの会議の内容をまとめて、国に政策提言を行います。
   
7(月)
お釈迦様の誕生を祝う 下田仏教会「花まつり」 大安寺

「花まつり」は仏教の開祖「お釈迦様」の誕生を祝う行事で、仏教行事としては「灌仏会」ともいいます。市内大安寺で行われた花まつりでは、華やかな衣装姿の小さなお稚児さんたちが、本堂に設けられた「花御堂」の中のお釈迦様の像に甘茶を注いで拝みました。その他、稚児たちが「桜踊り」や「礼讃舞」を踊り釈迦の誕生を祝いました。

   
8(火)
上原美術館リニューアル記念U展覧会「美を旅する」

4月14日(土)から5月20日(日)まで開催される上原美術館リニューアル記念U展覧会「美を旅する」〜静岡県立美術館のコレクションとともに〜についてご紹介していただきます。
 伊豆の平安仏から印象派や現代の絵画まで、上原美術館と静岡県立美術館の名品を旅するように巡る展覧会です。モネ《ルーアンのセーヌ川》、ゴーギャン《家畜番の女》、ロダンの彫刻など、静岡県立美術館が誇る名品が伊豆・下田に集まります。ジャンルを超えた美の世界をお楽しみください。
   
9(水)
128回忌法要「お吉まつり」<1> 〜お吉ヶ淵法要・宝福寺法要・芸能大会@〜

3月27日行われた、128回忌法要「お吉まつり」<1>から お吉ヶ淵法要・宝福寺法要・芸能大会@をお伝えします。
 初代アメリカ総領事タウンゼントハリスに仕え、稲生沢川に身を投げた唐人お吉こと斉藤きちを偲ぶ「お吉まつり」が、没後128年目の命日にあたる3月27日河内お吉ヶ淵と、菩提寺の宝福寺で行われました。
きょうはお吉ヶ淵での法要、宝福寺での法要、市民文化会館小ホールで行われた芸能大会前半の模様をお伝えします。
 
   
10(木)
128回忌法要「お吉まつり」<2> 〜芸能大会A〜

3月27日行われた、128回忌法要「お吉まつり」<2>から 芸能大会Aをお伝えします。
 初代アメリカ総領事タウンゼントハリスに仕え、稲生沢川に身を投げた唐人お吉こと斉藤きちを偲ぶ「お吉まつり」が、没後128年目の命日にあたる3月27日河内お吉ヶ淵と、菩提寺の宝福寺で行われました。
きょうは下田市民文化会館小ホールで行われた芸能大会後半の模様をお伝えします。
 
   
11(金)
第32回 下田メディカルセンター健康講座 「肝炎の治療〜その予防も含めて〜」 内科医 湊 志仁医師

下田メディカルセンター健康講座から内科医 湊 志仁医師による「肝炎の治療〜その予防も含めて〜」をお伝えします。
 肝炎とは肝臓の炎症を意味し、おもに肝細胞が壊される病態です。肝炎の原因の多くは肝炎ウイルスで、ウイルス以外には、一般ウイルス、アルコール、薬物と自己免疫性機序による肝炎があります。また肝炎には急性と慢性に分けられます。講座では肝炎の原因、治療、その予防について紹介していただきます。

   
12(土)
下田市寿大学講座「人生100年 終い仕度」

2016年の厚生労働省による日本人の平均寿命は、男性80.98歳 女性87.14歳で世界第2位の長寿国となりました。
下田市寿大学講座では「人生100年 終い仕度」と題し、下田市市民保健課の赤堀つね子さんと斉藤伸彦さんによる講話をお伝えします。より良い人生を送るための参考にしてください。


   
13(日)
下田市教育委員会歴史講座 「カンムリウミスズメと神子元島」日本野鳥の会 手嶋洋子氏

下田市教育委員会の歴史講座から 「カンムリウミスズメと神子元島」と題して日本野鳥の会保全プロジェクト推進室チーフの手嶋洋子さんによる講演をお伝えします。
カンムリウミスズメはムクドリほどの大きさの海鳥です。冠羽(頭から生える羽)と頬が黒く、後頭部は白で、白黒のはっきりした鳥です。よく潜水し、水中を飛ぶように泳ぎます。一生のうちのほとんどを海の上で過ごすということです。そんなカンムリウミスズメと神子元島についてのお話です。おたのしみください。
   
14(月)
源「大地に生きる」 豆州白浜太鼓/T.C.Dance Company コラボ公演

3月18日、豆州白浜太鼓とT.C.Dance Companyのコラボ公演「源」が下田市民文化会館
大ホールで開かれました。白浜を拠点に活動する和太鼓集団・豆州白浜太鼓と、市内箕作の宮川幸子さんが主宰するコンテンポラリ―ダンスのT.C.Dance Companyが、それぞれの個性をエネルギッシュに表現しました。3部構成で行われ、第1部では豆州白浜太鼓が「意気揚々」「風雲」など5曲を演奏し、第2部ではT.C.Dance Companyが「The Heat」など3曲を、躍動感溢れるダンスで表現しました。
第3部は生命の源である豊かな海や大自然と人間の姿を表わした5曲が、太鼓とダンスの迫力ある共演で表現されました。
   
15(火)
水産・海洋学講座「南極の生活と自然」 元筑波大学下田臨海実験センター 技術専門官 土屋泰孝氏

水産・海洋学講座から「南極の生活と自然」と題して 元筑波大学下田臨海実験センター 技術専門官 土屋泰孝氏による講演をお伝えします。
土屋さんは第33次、40次と2回の南極地域観測の越冬隊(1年4ケ月)に参加しました。
南極にある日本の観測施設・昭和基地での生活や苛酷な野外活動の記録、雄大な南極大陸に棲む生き物、自然についてお話いただきます。
   
16(水)
下田高等学校吹奏楽部 第10回定期演奏会

下田高等学校吹奏楽部の第10回定期演奏会が、3月28日下田市民文化会館大ホールで開かれました。下高吹奏楽部は「楽しむ、学ぶ、伝える」を目標に、様々なイベント演奏などを通して自ら楽しみながら、自主的に学び、体感した感動の集大成を伝えようと演奏会に臨みました。1部では、北海道の広大な大地で繰り広げられる苛酷な開拓車の姿や、アイヌの悲しい物語などを、高い空から見つめる鳥を想像して作曲された「北の鳥たち」から始まり、トルコと日本の絆が感動的に描かれた「エルトゥ―ルル号の記憶〜太陽と新月の絆〜」、歌劇「蝶々夫人より」の3曲が演奏されました。2部では「となりのトトロ」や「マンボメドレー」 などが、乗りのいいステップに合わせて演奏され、3部はオリジナルステージで、コミカルな演技とダンスが会場の人々を沸かせました。
   
17(木)
水産・海洋学講座「海と森が織り成す不思議な世界」 〜マングローブ生態系〜

水産・海洋学講座から「海と森が織り成す不思議な世界」〜マングローブ生態系〜について、筑波大学下田臨海実験センターの今 孝悦助教の講演をお伝えします。
熱帯や亜熱帯の沿岸域では海から樹木が生い茂る不思議な光景を目にすることができます。そこはマングローブ生態系と呼ばれ、海洋と森林の特徴を併せ持つ独自の環境が築かれています。今教授はマングローブ生態系が成り立つ仕組みについて最新の知見を織り交ぜながら紹介しました。
   
18(金)
雅楽と法話の夕べ 〜浄土宗静岡教区雅楽会〜 3月18日海善寺

平成30年3月18日海善寺で行われた浄土宗静岡教区雅楽会による「雅楽と法話の夕べ」をお伝えします。日本の古典音楽で使われる楽器の紹介や演奏、法話をお楽しみください。
   
19(土)
平成30年度 下田高等学校入学式 4月6日

4月6日行われた 平成30年度下田高等学校入学式の模様をお伝えします。
   
20(日)
水産・海洋学講座「大海原に恵みの漁場ができるまで」日本大学生物資源科学部海洋生物資源科学科 井則之准教授

水産・海洋学講座から「大海原に恵みの漁場ができるまで」と題して、日本大学生物資源科学部海洋生物資源科学科の井則之准教授による講演をお伝えします。
   
21(月)
平成30年度 下田小学校入学式 4月5日

4月5日行われた下田小学校入学式の模様をお伝えします。 
   
22(火)
平成30年度 下田中学校入学式 4月5日

4月5日行われた下田中学校入学式の模様をお伝えします。
   
23(水)
平成30年度 下田幼稚園入園式 4月9日

4月9日行われた下田幼稚園入学式の模様をお伝えします。 
   
24(木)
NPO賀茂地区生涯大学葵学園講座「富貴野山と空海と女谷」〜前半〜 地域研究家 船津好明氏   

NPO賀茂地区生涯大学葵学園講座から「富貴野山と空海と女谷」と題して、地域研究家 船津好明さんによる講演をお送りします。今日は前半です。 
   
25(金)
NPO賀茂地区生涯大学葵学園講座「富貴野山と空海と女谷」〜後半〜 地域研究家 船津好明氏 

NPO賀茂地区生涯大学葵学園講座から「富貴野山と空海と女谷」と題して、地域研究家 船津好明さんによる講演をお送りします。今日は後半です。
   
26(土)
水産・海洋学講座「伊豆と黒潮」 静岡県水産技術研究所伊豆分場 長谷川雅俊研究科長

水産・海洋学講座から「伊豆と黒潮」と題して静岡県水産技術研究所伊豆分場の長谷川雅俊研究科長による講演をお伝えします。
   
27(日)
伊豆半島ジオパーク探検vol.56 松崎で地球を感じよう 「弁天島」

伊豆半島ジオパーク探検 56回目は松崎で地球を感じよう〜「弁天島」〜をお伝えします。
1967年の河川工事により陸続きとなった弁天島。99段の石段を登りつめた頂上には、厳島神社があります。
島の周囲は一周200mほどの遊歩道になっています。島を伊豆半島がは南の海にあった頃に海底に流れ出した溶岩の地層
海底噴火で溶岩が海底を流れ、海水で急激に冷やされてばらばらに砕けた岩がそのままの姿でごつごつした迫力ある景色を作りだしています。
こうした岩場にはウバメガシ(備長炭の材料)の林が生い茂り、岩場と林、海の景色を楽しむことができます。 
   
28(月)
NPO賀茂地区生涯大学葵学園講座 「くじけない人 依田勉三」 郷土史家 松本晴雄さん

NPO賀茂地区生涯大学葵学園講座から「くじけない人 依田勉三」と題して、 郷土史家 松本晴雄さんの講演をお伝えします。
依田勉三(よだべんぞう)は、嘉永6(1853)現在の松崎町大沢の豪農の家に生まれました。明治3年(1870)年に上京、同7年から慶應義塾に学びます。福澤諭吉の影響を受け、北海道開拓の志を立てますが、厳しい土地での開拓は困難を極めました。
北海道開拓に大きな足跡を残した、依田勉三が歩んだ人生を学んでみませんか?
   
29(火)
下田商工会議所だより 〜平成30年度の事業について〜

今回の下田商工会議所だよりは「平成30年度の事業について」お伝えします。
   
30(水)
地域密着 徹底内向き! 情報番組 発見 & 掘り起こし!「やろーじゃ下田」vol.13

地域密着 徹底内向き! 情報番組 発見 & 掘り起こし!「やろーじゃ下田」。今回も注目の情報をお伝えします。
   
31(木)
Dr.花房のテレビ健康教室vol.72 「成人先天性心疾患」のぞみ記念下田循環器・腎臓クリニック 花房雄治院長

シリーズでお伝えしているDr.花房のテレビ健康教室vol.72 は「成人先天性心疾患」をお送りします。
 手術や治療の向上により、先天性心疾患の約9割の方々が成人期を迎え、先天性心疾患患者の約半数が成人となっているのが現状です。
成人になった方々は当初循環器小児科や小児心臓外科で診療を受けられていますが、次第に「小児」の枠から外れてきます。
また、最近では比較的複雑な先天性心疾患の患者さんの割合が増加しています。これらの疾患は、一般内科の先生だけではなく循環器内科の先生にとってもなじみの薄い病気であることから診療を敬遠される傾向にあり、患者さんが安心して受信できる病院を見つけることが難しいのが実情です。
最近の状況について、のぞみ記念下田循環器・腎臓クリニック院長の花房雄治先生のお話でお伝えします。

▲ページの先頭へ

SHK 下田有線TV放送株式会社 認定個人情報保護団体 会社案内 安否情報